freeeの特徴

freeeは国内の会計ソフトとして有名なサービスで、ユーザー登録すればすぐに使うことができます。無料で試すことができるのが特徴ですので、使い勝手の良さを知りたいなら先に無料で利用し、その後は好みや使い勝手の向上を望むなどの目的に合わせて有料プランを利用するのが基本です。

法人向けや個人事業主向けの会計ソフトとして使うだけでなく、確定申告や人事労務管理に開業支援のツールなど、事業向けのサービスを多数提供しています。特に有名なのが会計ソフトですが、freeeの大きな特徴なのがクラウド型の会計ソフトとして提供されていることです。

従来の会計ソフトといえばパッケージで購入するのが普通で、DVDなどのメディアに収録されているソフトをパソコンにインストールして使っていました。クラウド型の会計ソフトはブラウザ画面で作業できるのが特徴的で、会計処理をしたデータはすべてクラウド上のストレージに保存されます。

パソコンのハードディスクなどにデータを保存しないため、パソコンのデータが突然消えてしまっても大切な会計処理のデータが消える心配がありません。インターネット上で管理を行うことから、特定のパソコンだけでなくログインできる状態であれば他のパソコンやスマートフォン・タブレットなどからでも作業できるのがメリットです。

freeeが会計ソフトとして高い評価を得ているのは、自動入力機能が優れているのが理由の一つにあります。入出金のデータをキーボードから打ち込むのではなく、事業で使っている銀行のデータを取り込むことで入出金の記帳を簡単に行えます。

金額を入力するだけでなく勘定科目についても自動的に入力してくれますので、作業の負担を減らせます。連携できる銀行が指定されているものの、都市銀行や地方銀行、ネット専業銀行などとても多くの銀行を選択できる状態ですから使い勝手が悪く感じることはありません。連携できるデータとして銀行だけに限らず、クレジットカードの他にAmazonや楽天Edyなどの決済サービス・電子マネーも存在します。事業を行う上で取引先との間に見積書や請求書、納品書を作成する必要が出てきますが、これらの書類を作成できる機能が搭載されています。

書類のレイアウトが多数用意されている上に、それぞれの書類の項目や金額などを自動入力する機能があるため、作業の短縮が可能です。売掛金や買掛金の管理をしやすいように、一覧表示やお知らせ機能などが用意されています。買掛金の支払いに便利な一括振込ファイルを作ることも可能です。

スマートフォン向けアプリの使いやすさに定評があります。入力作業の手間がほとんどないため小さなスマートフォンの画面からでも快適に仕分けや管理ができます。事業で必要なモノやサービスを利用するときに領収書やレシートを渡されることがよくありますが、領収書やレシートをスマートフォンのカメラ機能で撮影するだけでfreeeが認識して自動的に会計処理を行なってくれます。個人や自社で会計処理をする場合に限らず、税理士と共同で管理をしたい場合には、IDとパスワードを共有するだけで税理士も会計処理のデータの閲覧が可能です。

何か問題があっても担当の税理士からオンラインでアドバイスを受ければ、直ちに修正作業が終わりますので便利です。マイナンバーへの対応にも柔軟に行えて、社員同士など複数の人物と同じデータを共有して作業を進められる良さを持っています。無料で使い始めることができるfreeeではあるものの、無料版には制限があります。機能的な制限はありませんが会計処理のデータが保存される期間が短いため、データが消える前に有料プランへ早めに移行するのがおすすめです。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。