MFクラウド会計の特徴

MFクラウド会計の特徴として、WindowsはもちろんMacにも対応している会計ソフトで、インストールは不要です。

どのような端末でも使用することができ、クラウドバックアップなのでパソコンが破損したり紛失したり、災害時でもビジネスデータを安心・安全に管理することができます。

他社の会計ソフトのデータへのインポートにも対応することができ、簡単に乗り換えすることが可能です。各銀行口座や各種クレジットカードを登録することによって、取引明細などを自動的に取得することができたり、分析アプリを使って常にキャッシュフロー分析を行ったり収益や費用分析などを行うことができます。

各銀行口座や各種クレジットカードはもちろん、決済やPOS・クラウドソーシングなどと連携することが可能です。勘定科目を入力しなければいけない時間を短縮することができたり、仕訳作業を行えば行うほど作業効率を改善することができ、常に最新状況を把握することができるので、課題を発見したり改善策などを検討する際にスピーディに実効することができるでしょう。

会計業務はもちろんバックオフィスにおけるすべての効率化をサポートすることが可能です。MFクラウド会計のすべての機能を毎月3,900円から利用することができ、リーズナブルな価格で使用することができます。

ユーザーを追加することによって、複数拠点や複数メンバーによるリアルタイムでの会計データを共有することができるでしょう。損益計算書や貸借対照表などの自動作成に対応していて、試算表などの自動作成も行うことができます。

日本にあるあらゆる金融機関口座やサービスに対応していて、今後発生する法令改正伴うバージョンアップを無料で対応することが可能です。消費税8%にも対応しており、将来的な10%対応も無料で利用することができます。もしソフトの操作において分からない点があると、電話でサポートしてくれるので便利です。メールサポートは無料で、24時間対応しています。

MFクラウド会計のソフトを利用するメリットにはいくつかあり、例えば経理が初めての人も簡単に始めることができ、経理について学んだことがなかったり、経験がない人でも分かりやすく操作することができるシステムになっていて、専門用語もあまり多くなくヘルプやサポート機能などが充実しているので、経理業務の難しさが低くなるでしょう。

各銀行口座や各種クレジットカード明細を自動的に連携することができ、各種クレジットカード明細を取得することができるので、入力する手間や時間を削減することが可能です。請求書と連携し売掛金を立てたり、仕訳などがスムーズになる補助機能も充実しています。

会計業務に関わる作業量を減少することができたり、経営状況などをリアルタイムで理解することが可能です。入力した数字から経営状況をチェックするためのデータをすぐに作成することができ、最新の経営情報をチェックしながら経営戦略を立てることができるでしょう。

決算書や確定申告書類なども自動で作成することができ、入力作業を行うだけで貸借対照表や損益計算書の決算関係書類を作成することが可能です。確定申告書類の作成を助けてくれる機能もあるので、フリーランスの人にもおすすめです。

最新のソフトを常に利用することができ、従来のようなパソコンにインストールするソフトと違って、ブラウザ経由なのでアクセスするだけで常に最新のシステムを利用することができます。

もしパソコンを買い替えたとしてもすぐに利用することが可能です。データが自動的にバックアップされるので安全・安心して使用することができます。会計関係のデータはクラウドサーバーにおいて保管されるので、パソコンの故障や災害などデータが消失するようなリスクを減少することが可能です。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。